アドセンスコードの貼り付けエラー?3分で分かる解決法

アドセンスコードの貼り付けエラー解決法

Googleアドセンスの申請をするため、WordPressにコードを貼りつけたら「閲覧できません」と表示されてパニックになっていませんか?
私はパニックになりました・・・。
エラー画面は下の画面です。

cocoon設定「閲覧できません」表示画面

閲覧できないって何?
どうしたらいいの?

この記事では、アドセンス申請コードを貼り付けする際に発生する「エラーの解決方法と原因」をお伝えします。

こんな方にオススメ
  • アドセンス申請コードの貼り付けでエラー表示になった
  • ConoHa WINGを利用している


エラーの原因はConoHa WINGのセキュリティにありました。
今回お伝えする方法は「セキュリティを守りながらエラーを解除する方法」です。
アドセンス申請に限らず、Cocoon設定でエラーが出た場合も今回の方法で解決できます。また、 Cocoon以外のテーマでも同様の対応で解決できますので、ぜひさいごまでお読みください。

べる
べる

レンタルサーバーがConoHa WINGの人は必ず読んでおこう!


スポンサーリンク

ConoHa「WAF設定」で解決

SERVERの文字とパソコン画面

さっそくエラーを解除する手順を説明します。

①ConoHa管理画面にログイン

ConoHa管理にログイン


②サイト管理➡サイトセキュリティ➡WAFをクリック

ConoHa管理画面WAFクリック


③下にスクロールして履歴を確認
(1)「日時」「攻撃ターゲットURL」部分の「日時」を確認
(2)エラーが発生した時間を確認して「除外」をクリック

除外をクリック

④「対象の攻撃を除外しますか?」
「はい」をクリック

「はい」を選択
WAF設定変更完了


⑤WordPressに戻る
もう一度「Cocoon設定」を確認
アドセンス申請コードを貼り付け➡「変更をまとめて保存」をクリック

以上でコードの貼り付けが完了しました。お疲れ様でした!

スポンサーリンク

エラーの原因はサーバーのセキュリティ

SECURITYの文字と鍵の写真

今回のエラーは、ConoHa WINGのセキュリティの一つ「WAF」が原因です。
不正アクセスを防ごうとしてエラーが発生しました。

sun
sun

WAFって何?

WAF(わふ)とはWebアプリケーションファイヤウォールの略。
Webサイトの脆弱性を悪用した攻撃を防ぐのに有効なセキュリティシステム。

sun
sun

アドセンスコードを貼り付ける行為が、外部からの攻撃と判断されてブロックされたってわけか。

べる
べる

そのようだね。それだけConoHa WINGはセキュリティ対策がしっかりしているんだね。

セキュリティ対策も万全なConoHa WINGはこちらから


関連記事
「ConoHa WINGのメリット・デメリット」を本音で解説

スポンサーリンク

エラーが出た時の解決法 まとめ

サイコロ状の積み木

さいごにおさらいです。

アドセンス申請コード貼り付けエラー
  • エラーの原因はセキュリティ対策の「WAF」
  • エラーはConoHa管理画面で「除外設定」すれば簡単に解決できる
べる
べる

ちなみにほかの方法もあるよ。

WAF設定をいったん「OFF」へ切替➡Cocoon設定の変更保存➡WAF設定を「ON」に戻す方法

べる
べる

でも、WAF設定を「ON」に戻すことをうっかり忘れちゃうんだよね。

sun
sun

攻撃された時のことを考えると恐ろしい・・・。

今回紹介した方法ですと「セキュリティを守りながらエラーを解除できる」のでオススメです。

sun
sun

「WAF」を「ON」にしたままエラー解除できるから安心だね。

また、アドセンス申請に限らず、Cocoon設定でエラーが出た場合も今回の方法で解決できます。

べる
べる

覚えておいて損はなし!

以上が「アドセンスコードの貼り付けエラー?3分で分かる解決法」でした。
さいごまで読んでいただきありがとうございました!

関連記事 
Cocoonのウィジェット画面がおかしい?解決策を解説

関連記事 
「無料独自SSLの有効期限を延長させる方法」

コメント

タイトルとURLをコピーしました